動くおんな

静の美しさと動の美しさが

存在すると思う。

.

私達は多くの美しさを「静」から

つまり写真から学ぶ事が多いが

心惹かれる美しさは

意外にも動きの中にあるのではないか。

と思うのだ。

.

答え辛い質問を照れた笑いで交わす瞬間。

斜め上から見たら意外に短くて濃密な睫毛。

何かを言いたげに少し我慢している唇。

そんな所に美しさは宿るのだと思う。

.

さてそんな美しさは、

どうやったら身につくのか。 

そんな事を考える訳だが、答えはきっと

「ゆっくりと、一生懸命生きること。」だ。

誰かに見せるためでは無く、

自分の人生の答えを自分の中に求める事。

そうすると人はなんとも清々しい空気が宿ってくる。

洗ったばかりのオーラを纏っているように見えるのだ。

.

そして相反する言葉のようであるが

ゆっくりと焦らず動く事。

その昔、某セレクトショップで

何とも美しい人を見つけ

ボーッと釘付けになっていた時。

その人が店員に話しかけたその雰囲気で

心臓のど真ん中を射抜かれた事があった。

美しい人とは、一挙一動足が美しい物なのだと

いたく感動した覚えがある。

.

動作は、言葉は、ゆっくりとした

空気を含ませることで

また一段と美しさを増すものだ。

.

今日からまた動きを意識して生きてみよう。

確かに私のおでこは

ボトックスで動かないけど

それ以外は優美な表情で、

誰かを魅了したいと思うのだ。